週刊ベースボールONLINE

激動の10年史 2010-2020

中日・進まなかった世代交代。球団初の7年連続Bクラス/12球団激闘の10年史

 

中日が2連覇の黄金期から一転、暗黒期真っただ中。一方で、万年Bクラスだった広島がリーグ3連覇を果たした。栄枯盛衰の様相を呈しているセ・リーグ。激動の10年間を球団ごとに振り返ろう。
※各球団ページの「王冠マーク」はリーグ優勝の年(CS勝ち抜けは含まず)。各年度の「MIP」はその年に最も印象的な活躍をした選手。エース、中継ぎ、抑えの人選は編集部が選出

2011年に球団初の連覇も13年からはBクラスの常連に……


 2010年、11年に球団初の連覇を達成できた要因は、強力な投手陣にあった。チェン、吉見一起と左右のエースが太い柱となり、浅尾拓也岩瀬仁紀ら強力なリリーフ陣で逃げ切る。11年は1点差で33勝。打てなくても効果的に勝ち、特に本拠地ナゴヤドームでの強さは際立っていた。

 しかし、そこから暗黒の時代が待っていた。落合政権のときに不動だったレギュラー陣の衰えが目立ち始めると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング