週刊ベースボールONLINE

激動の10年史 2010-2020

日本ハム・長期政権で挑んだ10年。世代交代も推し進める/12球団激闘の10年史

 

ロッテによる下克上日本一(2010年)、楽天の球団創設9年目での初優勝、日本一(13年)もあったが、近年ではソフトバンク西武が2強を形成。パ・リーグ激動の10年間を球団ごとに振り返ろう。
※各球団ページの「王冠マーク」はリーグ優勝の年(CS勝ち抜けは含まず)。各年度の「MIP」はその年に最も印象的な活躍をした選手。エース、中継ぎ、抑えの人選は編集部が選出

2012年の優勝シーン。栗山体制1年目で頂点に立った


 幾多のスター選手が次々と台頭してきた日本ハムは、10年間で1度の日本一、2度のリーグ優勝、6度のAクラスと力を維持した。2010、11年は梨田昌孝監督が率いて、ダルビッシュ有が不動のエースに君臨。11年のドラフトでは4球団競合の末に大学球界の大スターだった斎藤佑樹の獲得に成功。ダルビッシュは11年オフにメジャーへ移籍したが、新監督に就任した栗山英樹は球団主導のチームの新陳代謝、積極的な世代交代に呼応し、若手を巧みに起用しながらチームをビルドアップし戦ってきた。

 12年は開幕投手に斎藤佑を指名。四番には次の10年を見据え、中田翔を固定して打線の核を作り上げた。さらにシーズンでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング