週刊ベースボールONLINE

PLAY BACK

球史に残る新人王争い。1998年にハイレベルな成績を残した4人のルーキー

 

投手2人、打者2人の新人が驚異的な数字を残した。一生に一度しかチャンスのない新人王のタイトル。四つ巴の大激戦を制して最後に笑ったルーキーは……。
写真=BBM

川上憲伸[中日] 26試合14勝6敗、防御率2.57


圧巻のルーキーイヤー


 1998年のセ・リーグは横浜が38年ぶりの優勝を遂げた。チーム打率.277のマシンガン打線が爆発、大魔神と呼ばれた佐々木主浩が絶対的な抑えとして君臨し、就任1年目の権藤博監督が宙に舞った。

 そしてこの年、同じセ・リーグではルーキー4人が躍動し、歴史に残る激しい新人王争いを繰り広げた。

 中日の川上憲伸は開幕から先発ローテーションに入り、真っ向勝負のピッチングで14勝をマーク。明大の先輩でもある星野仙一監督の期待に応える活躍を見せた。プロ初完封は7月4日の巨人戦(ナゴヤドーム)。5安打9奪三振で7勝目をマークした。防御率2.57はリーグ2位。横浜と優勝争いを演じ、前年の最下位からチームを2位に押し上げたのは川上の力投だった。

高橋由伸[巨人] 126試合、打率.300、19本塁打、75打点


 その川上と東京六大学時代からライバル関係にあったのが、慶大から巨人に入団した高橋由伸だった。強力打線が売りの巨人にあって「七番・ライト」で開幕スタメンをつかむと、シーズン中盤には五番に昇格。非凡な打撃センスを見せ、140安打で打率3割をクリア。19本塁打に75打点、補殺数もリーグ最多タイの12と、まさに打ってよし、守ってよし、さらに爽やかな顔立ちもよしと、1年目にして巨人のスターとなった。

 だが、その高橋の打率を上回ったルーキーがいた。阪神の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング