週刊ベースボールONLINE

疾走!ダイヤモンドを駆けるスピードスター

ヤクルト・山田哲人 抜群の走塁センスを持つミスタートリプルスリー

 

ここでは過去に盗塁王にも輝いたことがある3選手をクローズアップ。相手の厳しいマークをかいくぐり、ダイヤモンドを疾走するスピードスターたち。彼らが塁に出れば何かが起こる!
写真=榎本郁也、BBM ※成績は7月25日現在


 あの「足」が山田哲人のすごさを際立たせてきた。これまで打撃部門で多くの記録を打ち立ててきたが、日本球界初となる3度のトリプルスリー(同一シーズン打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成し、3度の盗塁王に輝いた実績からも周知のように、12球団トップクラスの走塁能力も光る。今季は、通算200盗塁も射程圏内(7月26日時点で通算173盗塁)に入っており「もちろん達成したいですし、どんどん走っていきたい」と意気込んでいる。

 昨年は盗塁で2つの日本記録を打ち立てた。1つ目は同一シーズンの連続盗塁「33」。これは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング