週刊ベースボールONLINE

12球団 盗塁&走塁事情

ソフトバンク・意識すべきは“得点を呼び込む走塁”

 

試合の流れを大きく引き寄せる機動力。12球団で最も盗塁、走塁に力を入れて戦っているのはどこなのか?各チームの思惑と、走塁が光ったシーンを見ていく。
※原稿内の情報と成績はすべて7月25日現在

上林誠知:2018年には歴代4位タイの14三塁打をマークした俊足。今季は盗塁にも積極的


 現役時代に盗塁王を獲得した本多雄一内野守備走塁コーチ、村松有人外野守備走塁コーチの下、『走塁改革』を掲げ、昨季は盗塁数が2018年の80から113個に増えた。今季も継続して力を入れていくが、チームが重視するのは積極果敢な盗塁以上に、得点を呼び込む走塁面の強化だ。得点能力アップのため、工藤公康監督は選手1人ひとりに「1本のヒットで一塁から三塁、二塁からホームに還ってくる野球」を求めており・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング