週刊ベースボールONLINE

12球団 盗塁&走塁事情

DeNA・「盗塁」は期待できないが「走塁」は別

 

試合の流れを大きく引き寄せる機動力。12球団で最も盗塁、走塁に力を入れて戦っているのはどこなのか?各チームの思惑と、走塁が光ったシーンを見ていく。
※原稿内の情報と成績はすべて7月25日現在

梶谷隆幸:足を使える選手が少ない中、2014年の盗塁王が孤軍奮闘


 ラミレス監督は盗塁には関心がない。昨年のチーム盗塁数は「40」でセパ合わせて最少。今年もここまで「5」と12球団ワーストタイという数字だ。そもそも打線の構築にあたって「走力」という要素が加味されておらず、スラッガータイプをずらりと並べる傾向にある。「打って塁を進め、打って得点する」という部分は、ここ2年変わらない。

 そうしたチーム事情の中で1人、気を吐いているのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング