週刊ベースボールONLINE

2020ドラフト特集

ドラフト1位徹底予想 早大・早川&近大・佐藤、高校生2投手の競合確実!?

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、アマチュア球界も大会中止が相次いだ。緊急事態宣言が解除された6月以降、球音が戻り、夏場を経て、ドラフト戦線の形がようやく見えてきた。NPBスカウトの間では「上位12人」と言われる、1位候補をピックアップしていきたい。

早大の155キロ左腕・早川(写真上)と近大の左のスラッガー・佐藤は12球団同時入札となる1位での競合は確実と言われている/写真=矢野寿明、佐藤真一


155キロ&初完投で強烈なインパクト


 2020年ドラフトにおける投打の「顔」が、固まったと言っていい。

 投手は早大の155キロ左腕・早川隆久だ。8月開催の春季リーグ戦の開幕カード(明大1回戦)の初回に、自己最速を4キロ更新する155キロを計測。2試合目の先発となった慶大1回戦でも154キロと猛暑の中での好投は、強烈なインパクトを与えた。また3年秋まで一人で投げ切った経験がなかったが、明大1回戦で自身通算45試合目の登板でリーグ戦初完投勝利と、大きな足跡を残す夏となった。小宮山悟監督(元ロッテほか)の下で主将を務め、心身とも充実している。

 野手No.1評価が揺るがないのは近大のスラッガー・佐藤輝明だ。今秋の2カードを終え関西学生リーグ通算12本塁打(9月13日現在)。左打席からのフルスイングはソフトバンク柳田悠岐を彷彿とさせるパワー全開の強打者である。本人はブライス・ハーパー(フィリーズ)を理想の選手に挙げており、攻守走3拍子でハイレベルなプレーを追い求めている。三塁守備も俊敏な動きで、50メートル走6秒0と脚力もあり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング