週刊ベースボールONLINE

12球団背番号物語2021

12球団背番号物語・DeNA ホエールズからベイスターズへ守られてきたハマのアイデンティ

 

1949年に大洋漁業が設立したまるは球団が母体となり、下関で産声を上げた。その後、川崎を経て78年に横浜へ。個性豊かな背番号が球団の歴史を彩ってきた。
※本文中のカッコ内の年号は、その球団内でその番号を着けた年数。登録名は代表的なもの。データは2月10日時点


封印されたエース番号


 2021年、背番号にまつわるトピックスは2つある。1つは現役時代から、引退後2年のブランクを挟み、昨年のファーム監督時代まで18を背負ってきた三浦大輔が、監督就任に合わせてエース番号を返上したことだ。新指揮官が「マウンドでこそ光り輝くナンバー」と表現する18は「横浜ナンバー」と呼ばれ、準永久欠番扱い。それにふさわしい投手の登場まで、再び封印されることとなった。三浦監督は18をひっくり返した81を着ける。

 2つ目は、昨季、首位打者に輝いた佐野恵太が44から7の新背番号を着ける。7は「ポパイ」の愛称で親しまれた怪力スラッガーの長田幸雄(61-76)、「和製ミッキー・マントル」と呼ばれた長崎慶一(77-84)、本塁打王1回&打点王2回のポンセ、98年日本シリーズMVPの鈴木尚典ら強打者の背中にあった。今季からは佐野がその伝説を受け継ぐこととなった。余談ながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング