週刊ベースボールONLINE

2021新戦力完全CHECK

チャンスを待つ。ルーキー44人の動向【セ・リーグ編】

 

昨年の育成ドラフトでは49人が指名された。最多は巨人の12人、次いでソフトバンクの8人である。厳密に言えば、彼らもまた今年新たにチームに加わった新戦力に違いないが、今回の特集では現時点での支配下登録選手のみを対象とした。ただし、彼らが今シーズン中に支配下登録を勝ち取り、大きな新戦力になる可能性も十分にある。ちなみに昨年の大下誠一郎(オリックス)は育成1年目にして支配下登録となり、プロ初打席初本塁打(9月15日/楽天戦)を記録した。

読売ジャイアンツ


2位・山崎伊織
戦力期待値:D 参加キャンプ:三軍

山崎伊織


 昨春に受けたトミー・ジョン手術からのリハビリ過程。今年1年間はリハビリと体の土台作りに重点を置き、時間を割くこととなる。デビューは早くても来季以降が確実となっている。

3位・中山礼都
戦力期待値:C 参加キャンプ:二軍

 ポテンシャルの高さを原辰徳監督が高く評価し、近い将来の一軍戦力を予言した坂本勇人の後継者。ただ、高卒野手に多くを期待することは酷で、今季は体作りと二軍で経験を。

5位・秋広優人
戦力期待値:B 参加キャンプ:一軍

 紅白戦でのアピールが実り、キャンプ途中から一軍昇格。こちらも高卒野手だが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング