週刊ベースボールONLINE

至高のグラブ

ポジション別巧者のグラブ4 二塁&遊撃手・安達了一 「特徴なし」が物語る操作性が安定かつ軽快な動きの源流

 

野球の9つのポジションには特徴があり、グラブに求められる要求もそれぞれ異なる。現在、プロ野球の一線で活躍する選手たちはどんなグラブでプレーしているのか。巧者のグラブをここに紹介しよう。
取材・構成=鶴田成秀 写真=佐藤真一

独特の人さし指の「指当て」は捕球時の痛み防止のため。捕球を大事にしているからこそだ


Manufacturer SSK

 特徴らしい特徴はありません! そう言い切れるのは、あまり人のグラブを知らないから。周りと違うからこそ“ならでは”の特徴と言えると思うんです。それに、自分のグラブの特徴をぱっと言えないのは、たぶん「使いやすさ」を求めているからだとも思うんです。グラブをカスタマイズする目的はプレーのため。プレーのことを考えているから、グラブをうまく表現できないのかもしれません。

 なのでプレーで考えます。守備で大事にしているのがゴロ捕球とボールの握り替えの正確さ。それを両立できるよう小指、薬指の根本付近の浅い所にポケットを作っています。

ダブル綴じも下のレースを抜いているのは、土手部の柔らかさを求めているため


 とはいっても、試合では不規則な打球やバウンドが飛んでくることもあり、土手で捕球することだってある。そのため、土手の革には柔らかさを求めているんです。土手のレースはダブル綴じですが、下のレースを1本抜いているのは、そのため。レースを2本通してしまうと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング