週刊ベースボールONLINE

勢いをもたらす新星 スペシャルインタビュー

奥川恭伸(投手/2年目)インタビュー 新たなる欲望「優勝したいなって、すごく思えるようになってきたんです」

 

こちらでも紹介したように、今季のヤクルト投手陣は充実の兆しを見せつつある。中でも、2年目右腕の台頭はチームにとって大きなプラス材料だ。まだ頼りなかった開幕当初から、大きな進化を遂げた。自身も、そして「チームのために」という思いも日に日に大きく育っている。
取材・構成=依田真衣子 写真=桜井ひとし

登板を重ねるうちに、ゲーム中に見せる表情も柔和になってきた


 ヤクルトにとって後半戦初戦となった8月15日のDeNA戦(新潟)に先発し、7回1失点。見事に“後半戦開幕投手”の役割を果たしてみせた。しかし、次回登板となった同27日のDeNA戦(東京ドーム)では、3連続被弾を喫するなど7回途中3失点で降板。インタビューはその翌日に行われ、口をつくのは反省の言葉ばかりだったが、奥川は前向きに捉えていた。

──6回まで無失点投球を続けていましたが、7回二死から3連続被弾を喫しました。

奥川 あの連発は、自分がしっかり冷静に考えて投げられていれば、防げたものだったと思うんです。僕にまだ足りないのは、そういう部分です。打たれたあとを、大切にしなければいけない。ただ、今回のことは自分にとってはいい経験になったと思います。次回以降、こういうピッチングをしないことが、大事になってくると思うので。

──相手先発の京山将弥投手も無失点投球で、緊迫した投手戦でした。

奥川 先に(マウンドを)降りたほうが負けかなと思っていたので……。二死からですし、ちょっと悔しかったです。ただ、これもまた勉強。しっかり反省して、次に生かします。

──3連続被弾というのは、アマチュア時代を通じても初めてですか。

'奥川'' 初めてです。宮崎(宮崎敏郎)選手に打たれたあと、ソト選手には初球のフォークを運ばれました。もう少し、自分の中で「ボール球でもいい」というくらいの気持ちがあっても良かったのかなと、今になって思います。あのときは、状況を整理できていなかったんですよね。ボール球で入る選択肢が、僕の中になかった。(中村悠平捕手から)フォークのサインが出ていたので、ボールゾーンに投げて空振りを狙うことを考えなくてはいけませんでした。中途半端な気持ちのまま投げてしまったので、ああいう結果になったと思います。次の牧(牧秀悟)選手にも、おそらくスライダーだと読まれていました。もっとよく見て、感じて、冷静に投げていくべきでした。ただ、投球全体の内容は悪くなかったと思うので、そんなに悲観的になることはないのかなとも思います。反省すべきところは反省して、次ですね。

──確かに、しっかり腕も振れていました。昨シーズン故障があった、肩の不安はもうありませんか。

奥川 大丈夫です。投げながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング