週刊ベースボールONLINE

新体制で挑む。チームが変わる、彼らが変える!

西武・“機能”を重視した6年目の辻政権 42年ぶり最下位からの逆襲へ

 

「一度、落ちたチーム」。来季、6年目を迎える辻発彦監督は危機感をあらわにする。最下位からの逆襲を果たすためにも、コーチ陣容を一新した。

来季から内海が投手兼投手コーチとなる[写真=高塩隆]


ヘッドには松井稼頭央


 42年ぶりに最下位に沈んだ今季の西武渡辺久信GMは「今シーズンを見て、なかなかうまく機能していない部分があった」と分析、二軍から高山久コーチ、佐藤友亮コーチ、三軍から青木勇人コーチを一軍に引き上げるなど10人のコーチを配置転換させた。指揮官をサポートするヘッドコーチには松井稼頭央二軍監督が昇格。「うまくチームをマネジメントする意味でも重要なポジション。監督とタッグを組んで、チームをV字回復させてほしい」と渡辺GMは語るが、将来の監督として一軍の舞台を経験させる意図もあるのだろう。辻監督も「稼頭央は昔の西武ライオンズの厳しさを知っているから適任」と期待している。

 さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング