週刊ベースボールONLINE

立浪ドラゴンズ 強竜復活へ始動

どこよりも早い! 来季の予想布陣 2022年の立浪ドラゴンズ

 

少し気が早いが来季の布陣を考えてみよう。投高打低の中でいかに勝利をつかんでいくか。
※数字は2021年成績。Wはウエスタン・リーグ成績。△は左投手、または左打ち、□は両打ち

「強いチームをつくるために妥協はしません!」と立浪和義監督


【PITCHER】頼みはリーグ屈指の投手力 ロースコアで僅差を制する


【先発】

質、量ともに充実
〇…三本柱は今年規定投球回数に到達した柳裕也大野雄大小笠原慎之介。四番手からは福谷浩司松葉貴大ヤリエル・ロドリゲスと、これが先発6人衆となりそう。左右半々とバランスもよく、三本柱で40勝が優勝へのノルマだ。七番手以降の若手3人が出てくるとますます充実する。2年目の高橋宏斗にも期待。

【中継ぎ】

安定のリリーフ陣も左腕不足
〇…又吉克樹祖父江大輔福敬登は勝ちパターン、少なくとも同点の場面で起用したい。田島慎二谷元圭介は故障の状態が気になるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング