週刊ベースボールONLINE

2022年シーズン大展望

12球団最速戦力分析・西武 最下位からの逆襲へ必須 主力の復活、若手の成長

 

年の瀬を迎えたところで少々気が早いようだが、本誌恒例の12球団“最速”戦力分析をお届けする。ミスター・ドラゴンズの指揮官就任、日本ハムにBIGBOSS誕生などなど……話題には事欠かない野球界だが、その勢力図に変動はあるのか。各球団の戦力を読み解いていこう。
※情報はすべて12月12日現在。総合力は2022年の評価(A〜E)。選手の年齢は2022年の満年齢。

カギを握る四番・山川の復活。「とんでもない数字を残す」と本人も燃えている


 42年ぶりの最下位に終わった今季、その要因の一つは得点力の低下だ。リーグ1位の756得点をたたき出して連覇を決めた2019年から20年はリーグ4位の479得点、そして今季は同5位の521得点に。開幕序盤から主力野手にケガ人が続出した影響はあったが、例えば山川穂高は5月上旬に復帰後、状態が上がらず得点圏打率はわずか.172に終わった。来季、山川が復活し、四番を全うすることが逆襲の条件だ。

 打線強化の一環として新外国人のオグレディを獲得。「タイプ的には中距離ヒッターだが、一発の魅力もある」(渡辺久信GM)という左のスラッガーにはクリーンアップの一角として期待がかかる。外国人打者はさらに獲得予定だ。楽しみなのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング