週刊ベースボールONLINE

2022プロ・アマ球界大展望

2022日本人メジャー展望 大谷だけじゃない!日本人メジャーよ、世界一をつかみ獲れ!

 

今季のMLBは、何と言ってもリアル二刀流・大谷翔平の大活躍の話題がすべてだった。11のタイトルや賞を獲得し、満票でのア・リーグMVPと総なめ状態。しかし、ワールドチャンピオンには届かなかった。その大谷も含めて日本人メジャーは2022年、世界一を目指して戦っていく。(展望は日本人メジャー・リーガー所属地区のみ、現地時間12月12日時点)
文=樋口浩一 写真=Getty Images

26年ぶりの世界一に輝いたブレーブスナイン。22年では日本人メジャーから世界一の座をつかむ選手は出てくるだろうか


【ア・リーグ東地区編】澤村が契約最終年 存在感を示したい


澤村拓一(レッドソックス)

契約2年目の澤村は強気の投球で信頼されるポジションをもう一度つかみたい


 澤村拓一が加入した21年のレッドソックスは3年ぶりでプレーオフに進出した。今オフは先発左腕のロドリゲスがFAでタイガースへ。ヒル、パクストン、ワカらの投手陣を補強したが、さらなる補強が必要だ。澤村は契約最終年。存在感を示さなければならない。

 目下、地区2連覇中のレイズは主力選手が残り、来季も地区優勝争いの中心になりそう。5年連続でプレーオフに出場しているヤンキースは右腕のクルーバー、左腕のヒーニー、一塁手のリゾがFAになった。それでも戦力は充実し地区優勝候補の一角だ。

 ブルージェイズは本塁打王に輝いたゲレーロ・ジュニアら有望な若手が目白押し。レイ、マーツ両投手と二塁手のセミエンがFAで移籍した穴を埋められるか。5年連続で勝率5割を切っているオリオールズは来季も苦しそうだ。

【ア・リーグ中地区編】ホワイトソックスが本命 マエケンの復帰は微妙


 21年に13年ぶりで地区優勝したホワイトソックスが22年も本命だ。ジオリート、シース、カイケル、リンらの先発投手陣、アブレイユ、グランダル、ロバートらの野手陣ともそのまま残るのが強みだ。インディアンスから改名するガーディアンズはビーバー、シベイル、プリーサク、マッケンジーら20歳代の若い先発投手陣が健在だ。

 地区2連覇から21年は最下位に沈んだツインズ。前田健太が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング