週刊ベースボールONLINE

2022年シーズン大展望

12球団最速戦力分析・オリックス 投打ともに軸は確立 あとは層を厚くできるか

 

年の瀬を迎えたところで少々気が早いようだが、本誌恒例の12球団“最速”戦力分析をお届けする。ミスター・ドラゴンズの指揮官就任、日本ハムにBIGBOSS誕生などなど……話題には事欠かない野球界だが、その勢力図に変動はあるのか。各球団の戦力を読み解いていこう。
※情報はすべて12月12日現在。総合力は2022年の評価(A〜E)。選手の年齢は2022年の満年齢。

三番・吉田正[左]、四番・杉本[右]が仕事をすれば、打線は自ずと活気づく


 投打とも若い生え抜き選手が中心のメンバーとあって、リーグ連覇にも期待がかかる。一方で今季からの“プラスα”として戦力アップが期待される選手も数多い。

 投手では、日本シリーズでも先発した5投手に加え、山岡泰輔が本格復帰するのは好材料だ。9月に受けた右ヒジのクリーニング手術から早期復帰し、日本シリーズでは救援登板を果たしたが、来季は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング