週刊ベースボールONLINE

背番号ストーリー2022 ─数字に宿る魂─

11球団チェック 新人背番号 決めた、与えられたその理由─2022─【パ・リーグ編】

 

ここでは各11球団のルーキーたちの背番号に注目。なぜその背番号になったの!? 球団の期待とは? など、その由来を探っていく。
【セ・リーグ編はこちら】
写真=BBM ※表内の赤字はトピックスの選手、支配下新人のみ掲載、表内丸数字はドラフト順位

【パ1位 オリックス】「9」野口智哉 勝負強さの象徴として


野口智哉[内野手/ドラフト2位]


 1ケタ番号は即戦力の期待の表れだ。堅守巧打が武器のドラフト2位内野手が着ける背番号「9」は昨季まで大城滉二が背負い、2015年まで坂口智隆(現ヤクルト)が背負ったもの。ただ、関西学生リーグ通算100安打を放った男の『9』のイメージは、レアル・マドリードで同番号を背負ったサッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドだと言う。「決めるべきところで(ゴールを)決める」。自らも定位置奪取で、勝負強い打者となる。

【パ2位 ロッテ】「2」松川虎生 強肩強打の捕手になれ!


松川虎生[写真中央・捕手/ドラフト1位]


 球団が描く将来像こそが理由だ。高卒ドライチ捕手に与えた背番号は「2」。高校通算43本塁打を放った強打の捕手に対し、ドラフト直後から井口資仁監督は「イメージはジョー(城島健司、元ダイエーほか)」と口に。その理想像へ。昨季まで着けた藤原恭大が1への変更もあって・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング