週刊ベースボールONLINE

新たなるスタート

中日・岩嵜翔 移籍インタビュー 真っ向勝負で挑む 「期待してもらっていると感じるので必ず応えたい。その中で野球ができるのは幸せなことだと思います」

 

新戦力の中でもルーキーや助っ人に比べ、移籍は再スタートの意味合いが強い。新天地でどれだけ持てる力を発揮できるか。ここでは西川遥輝(楽天)に続き、今季の移籍選手たちを取り上げる。まずはFA権を行使した又吉克樹の人的補償として、ソフトバンクから中日に入団した岩嵜翔だ。春季キャンプ序盤に行われたインタビューから。
取材=牧野正 写真=榎本郁也

プロ15年目を迎えたベテラン。調整は任され、開幕に向けて徐々に仕上げていく


予感と驚きと


──ドラゴンズのユニフォームの着心地はいかがですか。

岩嵜 最初に袖を通したときは似合うか、似合わないかという気持ちもあって少し違和感がありました。でも今は大丈夫ですし、気持ち的にもチームに慣れてきました。徐々にですけど、みんなも打ちとけてきてくれているのかなと思っています。

──背番号16は岩嵜投手の希望だったのですか。

岩嵜 自分では何番でもいいと思っていました。新しいチームで新しい背番号の下、また1から頑張ればいいと思っていましたから(ソフトバンクでは2016年から17番)。球団から16番を提示されました。まだ見慣れないですけどね。

──ドラゴンズに入ってみて印象はどうですか。どのようなイメージを持っていたのでしょうか。

岩嵜 ひと昔前までのメチャクチャ厳しいというイメージがあって、少しビビっていたんですけど、そんなことはなく、やるときはやる、抜くときは抜くという、すごくメリハリがしっかりしているチームだなと思いました。自分としてはとてもやりやすいですし、やれています。メチャクチャ厳しいというのは、落合(落合博満)監督のときのイメージがすごく残っていたからですね(笑)。

──あらためて移籍が決まったときの気持ちを聞かせてください。おそらく今年もソフトバンクで投げるつもりでいたと思います。

岩嵜 正直、プロテクトを外されているのではないかという気持ちは少なからずあって、もしかしたら……とは思っていました。妻ともそういう話はしていましたし、そうなったらと覚悟は決めていたんです。ただ、それでも決まったときはびっくりしましたけど。

──できれば出たくなかった?

岩嵜 プロテクトを外されているのではないかという不安が少しでもあった中、そこで残ってもどれだけ期待されていたかは分かりません。であれば人的(補償)とはいえ、自分を欲しいと期待をかけてくれた球団でやるほうが気持ちは入ると思います。そういう意味では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング