週刊ベースボールONLINE

春の熱きサバイバル

ヤクルト・厚みを増す投手陣、抜け出すのは/オープン戦必見ポイント

 

練習試合がすでに始まり、2月末からはオープン戦に突入。“戦う形”をつくり上げていく実戦では、各球団で熱いポジション争いが展開されていく。ここからは、11球団の本誌担当記者が注目のポジション争いをピックアップ。勝敗度外視のオープン戦は、チーム内競争が見ものだ。
※情報は2月19日時点。 ※阪神は特集内にて掲載。

21年目のベテラン・石川も結果が求められる


不動のレギュラーがそろう野手陣とは対照的に、先発ローテは予測不可能。若手もベテランも入り混じった競争がオープン戦から始まるが、結果はいかに。

3本目の柱は誰だ


 20年ぶりの日本一を成し遂げた昨季。山田哲人村上宗隆を中心とした強力打線の活躍が目立ったが、その裏では、2年連続リーグ最下位だった防御率が改善。シーズン後半は、中継ぎへ配置転換をせざるを得ないほど、先発投手陣が充実していた。それでも2ケタ勝利、規定投球回に到達した投手はおらず、現時点で先発ローテ入りが確定的なのは小川泰弘奥川恭伸の2人のみ。サイスニードスアレスコールの助っ人投手の来日が見えないが、それはほかの投手にとっては大チャンス。残る4枠をかけた勝負が、オープン戦で繰り広げられる。

 先発ローテの筆頭候補は石川雅規高橋奎二の両左腕。ベテランの石川は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング