週刊ベースボールONLINE

春の熱きサバイバル

巨人・捕手争いをはじめ各所で激戦必至/オープン戦必見ポイント

 

練習試合がすでに始まり、2月末からはオープン戦に突入。“戦う形”をつくり上げていく実戦では、各球団で熱いポジション争いが展開されていく。ここからは、11球団の本誌担当記者が注目のポジション争いをピックアップ。勝敗度外視のオープン戦は、チーム内競争が見ものだ。
※情報は2月19日時点。 ※阪神は特集内にて掲載。

大城は「正捕手」を確固たるものにできるか


捕手や右翼をはじめ、若手がベテランを押しのけて定位置の確保を目指す。選手層の厚さを生かした激しい競争により、さらなる底上げが図られそうだ。

「新背番号」の躍動


 真にポジションが約束されているのは遊撃・坂本勇人、三塁・岡本和真のみ。開幕に向けてポジション争いは各所で激烈を極めそうだ。

 宮崎キャンプで原辰徳監督が「捕手は横一線」と強調した中で、一軍の沖縄キャンプに選出されたのは大城卓三岸田行倫山瀬慎之助の3人。高卒3年目の山瀬はチャンス枠、小林誠司はコロナ感染で出遅れ三軍〜二軍で調整を進めており、正捕手争いは大城に岸田が挑む形となっている。指揮官から「正捕手候補の一人」に指名された岸田は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング