週刊ベースボールONLINE

竜の逆襲 行け!立浪ドラゴンズ

中日・爆発せよ! 地元出身カルテット

 

4人の共通点はドラゴンズのお膝元、東海地区の出身であることだ。だからこそファンの期待もより高く、応援せずにはいられない。彼ら若竜の成長、活躍が立浪ドラゴンズの未来を握っている。

高橋宏斗[投手] 2002年8月9日生まれ(19歳) 18686kg。右投右打。愛知県出身。[甲]中京大中京高-中日21(1)


高卒2年目の進化


 先輩投手陣をごぼう抜きした。投げるたびに評価が上がっている。立浪竜の秘密兵器は高卒2年目の高橋宏斗。地元愛知の中京大中京高からドラフト1位で入団し、昨季は一軍登板なし。今春の沖縄キャンプで一軍の北谷組に加わると、結果で急成長を示した。

 インパクトを与えたのは2月11日の紅白戦だった。先発して2イニング無失点。最速152キロの速球で真っ向勝負。高橋周平からはオール速球で空振り三振を奪った。

 海の向こうからのメッセージが、能力の高さを証明する。ツインズの前田健太がツイッターで「YouTubeで紅白戦をちょっと見ただけですが、中日の背番号19のピッチャーよくないですか?」と投稿した。それを知った右腕は感激。興奮しながら、SNSでダイレクトメッセージを送った。「内容は秘密ですが、やり取りをさせていただきました」と言う。

 対外試合でも圧倒した。2月19日のDeNAとの練習試合(北谷)では、3回を投げて被安打2、無失点の好投。最速153キロの直球を軸に変化球も冴えた。カウント負けしている3-1から2球連続でフォークを投げてバットを振らせる場面は、まるで先発ローテーション投手。「カウントを悪くしても、自分のボールが投げられれば抑えられる自信はありました。自己採点は80点くらいです」と自己評価した。

 立浪和義監督も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング