週刊ベースボールONLINE

2022シーズン大展望

ヤクルト・充実の先発投手陣が試合を支配 不動の強力打線が打ちまくる/12球団戦力分析2022

 

毎年、開幕直前に恒例となっている12球団戦力分析をお届けする。まずはセ・リーグからだ。昨季日本一のヤクルトは球団初となる日本一連覇を手にすることができるのか。また、燕にストップをかけるのはどの球団なのか。今季も混戦は必至だ。
※情報は3月13日現在。本誌評価はA〜Eの5段階。
※3月16日、ヤクルトは小川泰弘が開幕投手を務めると発表。

主将・山田哲人[中央]を中心に、投打で充実の戦力が整った


2022開幕カード vs阪神(京セラドーム)


2021年対戦成績 8勝13敗4分 勝率.381
(ホーム4勝7敗2分・ビジター4勝6敗2分)

開幕カード予想先発投手


開幕投手 奥川恭伸[初]
■2021年の対T成績 6試合2勝2敗防御率3.06

【投手力&守備力】厚みと柔軟性


 開幕先発ローテ入りを期待された投手が順調に結果を残し、盤石の体制で開幕を迎える。成長著しい奥川恭伸と高橋奎二に、経験豊富な小川泰弘と石川雅規この4人が中心となり、原樹理金久保優斗、先発転向の梅野雄吾らが続く。サイスニードスアレスコールの先発候補の助っ人も合流し、誰かが欠けてもその穴を埋めるメンバーがそろっている。

 救援陣も同様に充実。前年フル回転の清水昇今野龍太に加え・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング