週刊ベースボールONLINE

鯉爛漫 やっちゃろうやあ!

佐々岡采配のココに注目!? 解説者の視点・達川光男(野球解説者)「固定観念を捨てた選手起用、柔軟性、佐々岡監督の『違い』が見えるね」

 

球団記録に並ぶ開幕6連勝を飾るなど開幕ダッシュに成功。2016年からのリーグ3連覇以来となる優勝に向け、絶好のスタートを切った赤ヘル軍団。この勢いをもたらした、達川氏が見る指揮官の采配の変化とは。
取材・構成=杉浦多夢 写真=BBM

佐々岡監督の変化と進化がチームの快進撃を呼び込んだ要因の一つだ


監督3年目で投手陣を確立


 今季のここまでの戦いを見ていると、これまで以上に佐々岡真司監督の「色」が出ている。采配も用兵も落ち着いているし、それが快進撃のひとつの要因になっているね。

 まずは投手出身の監督らしく先発ピッチャーをしっかり確立した。大瀬良大地九里亜蓮森下暢仁の3人に床田寛樹が加わって「4本柱」になった。これは大きい。先発ローテの6人というのは3人が貯金をつくってくれれば計算が立つのよ。例えばそれぞれ10勝5敗でいってくれれば貯金15。残りの3人は5割で御の字、あとはリリーフ陣がちょっと勝ち星を挙げてくれれば貯金20となって優勝が見えてくる。今のチームは貯金できるピッチャーが4人おるということ。床田は昨年9月の月間MVPで自信をつけたし、右打者の外、左打者の内のコントロールが良くなり、力感はないけど球が伸びる投げ方を覚えたんで、わしは最初から床田が一番やると思っていたよ。

 先発陣ほどではないけどリリーフ陣も悪くない。やっぱり中崎翔太が戻ってきたのが大きい。3連覇のときのクローザーだから戦力としてはもう少し活躍してほしいし、これから良くなると思うけど、それ以上に「ブルペンのリーダー」としての存在感がすごいね。聞くところによると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング