週刊ベースボールONLINE

竜魂インタビュー

中日・阿部寿樹インタビュー チームのために「一日一善」 「とにかく試合に出ること。そして結果を出すことです」

 

ヒゲを剃った今季の“マスター”は、今のチームで最も頼りになる打者だろう。チャンスに強く、粘り強い打撃で勝利に貢献。いぶし銀の活躍で強い輝きを放っている。マイペースな仕事人が竜打線を支えている。
取材・構成=牧野正 写真=桜井ひとし、BBM


毎日毎日コツコツと


 開幕は控えのはずだった。立浪和義監督は今季、三塁に高卒3年目の石川昂弥を抜てきし、三塁を守っていた高橋周平を二塁に回した。昨年まで二塁のレギュラーだった阿部寿樹は出場機会を求めて左翼に挑戦。しかし開幕戦の左翼は菅野智之(巨人)との相性の良さもあり、福留孝介が決まっていた。ところが高橋周が開幕直前に左足首の捻挫で戦線離脱。阿部は「六番・二塁」で開幕スタメンに名を連ね、その後は五番に定着して勝負強い打撃を披露。もはやチームには欠かせない大きな存在となっている。

──ここまで主にスタメン出場で、しっかりと成績も残して活躍。充実しているのではありませんか。

阿部 活躍しているというよりも、試合に出られているというのが一番だと思いますので、その点では充実していると思います。良かったです。

──開幕1カ月の“チームMVP”という声も多いです。

阿部 いや、どうですかね……。打つほうなら大島(洋平)さんのほうが打っていますし、投手陣も頑張っていますから。僕は毎日コツコツやっているだけです。

──本拠地バンテリンドームでの開幕戦となった4戦目のDeNA戦(3月29日)以降、ずっと五番を任されていますが、その意識は?

阿部 特には……ただ、ずっとビシエドのあと(の五番)が大事と言われていたので、そこは何とかしたいという意識は持っています。でも打順が何番であろうと、一生懸命やるしかないです。

──今季はここまで得点圏打率もチームトップで(.400)、チャンスに強いという印象がありますが、好調の秘訣(ひけつ)を教えてください。

阿部 どうなんですかね。積極的に振るようにはしているのと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング