週刊ベースボールONLINE

逆襲の犬鷲

<データが示すチームの課題>負の連鎖を断ち切り後半失速を阻止できるか

 

過去のデータを見れば一目瞭然だ。ここ数年、シーズンを勝ち切れない要因は8月以降の戦い方にある。勝負どころの夏場以降をタフに戦い抜くことが、このチームの至上命題となる。

誰かが抜けても誰かがカバーをする。選手層の厚みは徐々に増しているだけに、期待もふくらみそうだ


過去からの脱却へ


 過去5年のうち、8月以降に貯金を上乗せできたシーズンは2019年のみ。特に過去2年は前半戦で首位に立つ時期がありながら、緩やかに下降線をたどり、20年は借金2の4位。昨季は貯金4で3位とAクラス返り咲きを見せたものの、最後に首位に立ったのは6月だった。

 振り返れば、17年がもっとも最近のチームに共通する戦い方だったかもしれない。梨田昌孝監督2年目のシーズンは球団史上初となる開幕から3カード連続勝ち越し、則本昂大の8試合連続2ケタ奪三振、ウィーラー、ペゲーロ、アマダーの助っ人3選手が史上初となる20本塁打以上をマークするという明るい話題があったものの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング