週刊ベースボールONLINE

新監督インタビュー
ラミレス監督x伊原春樹対談「とにかくアグレッシブな野球をしたい」

 

横浜時代から10年連続Bクラスに沈むDeNA。しかし、近年力をつけてきたのは確かだ。中畑清前監督の下、昨年は前半戦首位ターン。最終的に最下位に沈んだが、年々期待度は高まる。今年からDeNA2代目指揮官となったラミレス監督にはチームを悲願の優勝へ導く手腕が求められる。常にポジティブでいることを誓う新監督を巨人時代ともに戦った伊原春樹氏が直撃した。
構成=小林光男、通訳=長谷川有朋、写真=井田新輔、早浪章弘



セを制覇するために選手は変わらないと


伊原 まずはラミレス監督、DeNAから監督要請があって、念願のプロ野球の指揮官となったわけだけど、そのときの気持ちはどうだったの?

ラミレス ずっとマネジャー(監督)になりたいと思っていましたから自分の夢が叶って、非常にうれしかったですね。

伊原 巨人で4年間、コーチと選手の関係で一緒に戦っていたけど、そのころから監督をやりたいと言っていたよね。野球に対する思いは真摯だったし、「今の姿勢を貫けば絶対にできるから頑張って」と話した記憶があるよ。

ラミレス 本当にイハラさんには感謝しています。ジャイアンツで一緒に優勝を目指して、たくさんのことを学ばせていただきました。それに、ワタシが監督をやりたいと打ち明けたとき、「日本の野球をよく勉強しているし、いつかはできるよ」と言っていただいたことをよく覚えています。

伊原 引退後も独立リーグの群馬、オリックスでシニアディレクターや巡回アドバイザーとして指導者の勉強をしていたしね。やっぱり勉強熱心。ところでキャンプ前日、監督としてミーティングで選手に自らの考えを示したと思うけど、どういったことを話したの?

ラミレス 最初に「本当に優勝するチャンスがある」ということを強調しました。そして、ワタシ自身が非常にポジティブな性格で、優勝できると強く信じているんだ、と。そのためにも小さなミスをなくさないといけないということを話しました。

伊原 「当たり前のことを当たり前にやる」のが重要だからね。



ラミレス そうですね。昨年、チームは前半戦首位で折り返しましたが、後半戦はやるべきことができなかった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング