週刊ベースボールONLINE

データでひもとく タイトルホルダー

タイトルホルダーの表と裏 パ最多勝、最優秀防御率 西武・菊池雄星

 

セの巨人菅野智之に続き、今度も投手部門からパで圧巻の活躍をした左腕・菊池雄星の登場だ。その進化の要因と課題をデータから探ってみよう。

ソフトバンク戦がなければ……/写真=松田杏子


向上したストレートの質


 パ・リーグの最多勝、最優秀防御率を手にしたのが、西武の菊池雄星だ。沢村賞は巨人・菅野智之に譲ったが、残した成績もパフォーマンスも、まったく見劣りしない。

 ただし、菊池には唯一、さらに言えば見逃すことができぬほど大きな課題がある。対ソフトバンクの対戦成績だ。別表のとおり11年の入団以来0勝12敗。今季も0勝4敗、防御率7.97と打たれまくった。

 ソフトバンクは決して左に強いチームではない。CSファイナルSでは楽天塩見貴洋辛島航、日本シリーズではDeNA今永昇太濱口遥大ら左腕に苦戦。タイプだけを見たら、150キロ台後半のストレートと高速スライダーのコンビネーションが武器の菊池に対し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング