週刊ベースボールONLINE

データで検証!攻守走「格付け」チェック

編集部選定で主力選手を「AA」から「C」まで6段階評価。12球団ポジション別 攻守走「格付け」チェック! 捕手部門

 

2018年に向けた補強も一段落した。まだまだ新人、新外国人選手と未知数の要素も多いが、それはキャンプで“実物”を見てからとし、今回は12球団の各ポジションの主力選手たちをデータで検証し、「格付け」していこう。
写真=BBM ※2018年在籍、および去就未定FA海外選手が対象。基本的には2017年のデータを基にしたポジション内の評価で、チーム成績も加味しています。

小林誠司[巨人] 総合評価BB 守A 走CC 打CC


“打てる捕手不在”解消は


「打てる捕手がいなくなった」と言われて久しいが、もともと守備重視のポジションであり、1990年代以降のヤクルト古田敦也ソフトバンクほか・城島健司、巨人・阿部慎之助らのインパクトがそれだけ強烈だったからとも言える。

 17年から18年の大きな勢力図の変化は2つ。1つは日本ハム大野奨太中日へのFA移籍、もう1つは、まだまだ未知数ながら、広島坂倉将吾、巨人・宇佐見真吾といった“打てる若手捕手”の台頭だ。

 まず守備面から見る。セの覇者・広島のように打てる捕手の會澤翼、守備が堅実なベテラン捕手の石原慶幸という構成も悪くないが、やはり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング