週刊ベースボールONLINE

伊東勤のプロフェッショナル配球考

伊東勤コラム「シーズン佳境の夏場、求められるのはこれまで以上の説得力のある配球、バッテリーの信頼関係」

 

初回、4回と山田哲に2打席連続本塁打を浴びたベテランの山井/写真=桜井ひとし


内角球を本塁打された次打席の配球は?


 ペナントレースも順位争いが本格化してきました。セ・リーグは広島が独走態勢を築いており、最下位でもAクラスのチャンスがないわけではありません。夏場に1球が重みを増すのはいつの時代も変わりません。これまで以上に根拠と説得力がある配球が求められてきます。

 今回は7月20日のヤクルト中日(神宮)から山井大介投手―松井雅人捕手の中日バッテリーが山田哲人内野手に対した配球を、3打席にわたって見ていきたいと思います。

 まずは0対0の1回二死走者なしでした。初球は外角低めのスライダーで見逃しストライクを取りました。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング