週刊ベースボールONLINE

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

100回目の夏跡――。2018夏の甲子園プレーバック

 

日本中が沸きに沸いた。大阪桐蔭高が史上初の2度目の春夏連覇を成し遂げ幕を閉じた第100回全国高等学校野球選手権記念大会。決勝では常勝軍団にエース・吉田輝星を擁する“雑草軍団”金足農高が「9人野球」で挑むなど、一投一打に多くの人たちが熱狂した。今夏も、歓喜と涙が交錯した甲子園――。球児たちが刻んだ100回大会の夏跡を振り返る。
写真=早浪章弘、毛受亮介、高原由佳、田中慎一郎、牛島寿人、石井愛子、宮原和也、中嶋聖

日本中の注目を集めた金足農高・吉田輝星。秋田大会から1人でマウンドを守り続けてきたが、決勝で大量失点して5回で降板。それでも球場内には“吉田コール”が沸き起こるなど、間違いなく今夏の主役だった


優勝・大阪桐蔭高 王者、揺るがず――。史上初、2度目の春夏連覇!銀河系軍団の夢かなう



 最後までスキはなかった。昨春のセンバツからスタメンに名を連ねる四番・藤原恭大、遊撃手兼投手の根尾昂に主将の中川卓也、エース・柿木蓮。さらに一時は四番に座っていた山田健太が下位打線に。高校生離れした技術、そして経験豊富な彼らは、いつしか“銀河系軍団”と呼ばれた。それでもナインは幾度も口にする・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング