週刊ベースボールONLINE

犬鷲再建のキーマン インタビュー

楽天・石井一久GMインタビュー 再建に燃える新GM 「戦う集団のマインドを」

 

今オフ、積極的に戦力補強を行っているのが楽天だ。これまでに浅村栄斗(西武)、福井優也(広島)、橋本到(巨人)、由規(ヤクルト)をさまざまなルートで獲得。岩隈久志(マリナーズ)の古巣復帰こそ実現しなかったが、巻き返しへの決意を感じさせる一連の動きだった。その仕掛け人は9月に就任したばかりの石井一久GM。その真意に迫った。
取材・構成=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎、BBM

石井GM[写真左]と浅村は西武時代の元チームメート。“距離の近さ”も決め手の一つとなった


落としたことでつかんだ新たな縁


 コミュニケーション能力、日米での野球経験と知識量を高く評価され、立花陽三球団社長をはじめ楽天からのオファーを受けた石井一久氏。ゼネラルマネジャー(GM)就任会見では「僕がやってもいいものか悩みました」とオファー当時の心境を語りながらも、「すごく大役なんですけど、そういうものに押しつぶされない経験だったり、考えというものは自分で持っているつもり。自信がなかったらやらない」と強い決意を表明した。

――まず、石井さんが考える球団GMのあり方を教えてください。

石井 一番はやはり、長く優勝争いをできるチームを作るということが大事になってくると思います。まずは早くAクラスに上げる。そして、その次には毎年Aクラスを争えるということ。ですが補強、補強をしてもしょうがないので、やはり自前のスーパースターを育てていかなければいけない。そのためにはある程度、素材がしっかりしていないと育たないので、そういう人をちゃんとドラフトで獲れるのかなど、意味のある選択をしていくこと。そういうものを、スカウトの人たちとしっかりと練るべきかなと考えています。

――今年のドラフトでは即戦力となり得る大学生、社会人が多かったという印象を受けました。

石井 今年に関しては、即効性を求めたドラフトになりました。もちろん将来性もすごく大事。でも今のチームに何が足りなくて、何が弱いのか。将来的にどこを強化したいのか。そういう点では「野手」でした。その意味で(1位の)辰己(辰己涼介)君は長くレギュラーとしてやれるだけの攻守走がそろっていますし、(2位の)太田(太田光)君も嶋(嶋基宏)選手がこの先退いたときにレギュラーになれる、または堀内(堀内謙伍)君と同じくらい正捕手の座を脅かす存在になれると思っています。

――即戦力と伸びしろのどちらも評価したということでしょうか。

石井 今年はどちらかと言えば、育成という意味で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング