週刊ベースボールONLINE

ファームシーズン総括2018

ヤクルト・先発候補がたくましく育ち未来の主砲も躍動

 

高津臣吾体制2年目は、育成を継続しながら結果も残した。一軍戦力を補うほどの台頭はなかったが、投打で結果を残した選手も多く、2019年の台頭に期待できそうだ。

就任2年目の高津監督は確かな収穫を手にしている


【育成方針】底上げはこれから


 高津臣吾監督体制となった2017年には貯金7の3位、18年は貯金9の2位。ファームの戦いは勝敗がすべてではないが、選手育成は順調に進んでいると言えそうだ。

 ただ、18年シーズンに野手の台頭は少なく、一軍のレギュラー、特に外野陣は、経験豊富なベテランたちが独占した。内野では高卒3年目の廣岡大志が開幕スタメンに抜てきされ、その後も首脳陣は我慢強く起用したものの、打率.209では遊撃として起用し続けるのが難しく、5月下旬に二軍降格。高卒3年目の今季も一軍定着とはならなかった。二軍戦でも打率.244と打での課題は多い。19年も実戦経験を重ねていく必要がある。

 故障者続出で17年に一軍出場機会を増やした藤井亮太山崎晃大朗奥村展征は、一軍のレギュラー陣が固まっていたことから、二軍暮らしが長くなった。殻を破り、一軍に定着するためには、さらなる地力アップが求められそうだ。

 三木肇チーフコーチ、野村克則バッテリーコーチが楽天へ移るなど、首脳陣は一新される、次の体制でも有望選手たちを地道に育成していく方針に変わりはない。

【投手総括】若手の台頭が続々


 18年シーズンにおいて最も成長した投手が高卒3年目左腕・高橋奎二だ。ファームでは17試合に登板して8勝6敗、防御率3.51、89回2/3を投げて85奪三振とまずまずの成績を残して、初の一軍昇格。

 9月5日の中日戦(神宮)でプロ初登板初先発を果たした。この試合では白星をつかめなかったが、3度目の先発となった10月2日のDeNA戦(神宮)では、筒香嘉智から3打席連続三振を奪うなどしてうれしいプロ初勝利。「勝ち気で投げた」と笑顔で振り返った左腕は、手薄となっている一軍先発陣に食い込むことが期待されている。

3年目左腕。高橋の台頭は朗報だ


 また、高卒2年目右腕の梅野雄吾も大きな経験値を手に入れている。シーズン序盤に一軍で3試合登板も11失点と炎上し、即降格となった。それでもこの悔しさをバネに、ファームで32試合に登板。1勝1敗10セーブ、防御率3.18としっかり結果を残した。8月に再昇格を果たすと、CS進出争いの中、リリーフとして近藤一樹石山泰稚につなぐ役割を担った。

 17年の大半を二軍で過ごした大卒2年目左腕の中尾輝も、18年は一軍でフル回転を見せた。このように、若手の台頭が目立った投手陣。17年ドラフト1位左腕の寺島成輝も控えるなど、有望株は多い。

【打撃総括】ルーキーが奮闘


 規定打席に到達したのは村上宗隆宮本丈のルーキー2人だった。村上は高卒1年目から打撃ランキング上位に顔を出す活躍を見せている。本塁打は1位と1本差の17本でイースタン・リーグ2位。同年代のライバル・清宮幸太郎(日本ハム)と肩を並べた。出塁率.389と58四球は同トップの数字で、さらに16盗塁は同5位と意外な才能も見せた。“肥後のベーブ・ルース”と呼ばれた左のスラッガーは、首脳陣の期待に応える活躍を見せている。

 奈良学園大時代、ヒットメーカーとして名を馳(は)せた宮本丈は、87試合に出場して打率.265と打撃ベスト10に名を連ねた。だが、実力を発揮したとは言いがたい。攻守走いずれも高いレベルを誇るだけに、まずはバッティングでのアピールが必要となりそうだ。一軍ではシーズン終盤にプロ初安打を記録しており、これを自信にしてレベルアップに励みたい。春季キャンプでは、一軍定着へ向けたアピールが欠かせない。

宮本は村上とともに規定打席に到達した


 社会人1年目の外野手・塩見泰隆は二軍戦48試合出場ながら打率.329の好成績。層の厚い一軍外野陣に食い込むために、スピードという一芸を武器に勝負したい。

【編集部選】2019年期待の一番星 村上宗隆 規格外の長打力


村上宗隆内野手/18歳


 1年目、二軍で目覚ましい活躍を見せた。満を持しての一軍デビューとなったのが9月16日の広島戦(神宮)。プロ初打席でいきなりファンを魅了した。2回一死一塁の場面で、広島先発・岡田の直球を完ぺきにとらえると、打球はライナーで右翼席に飛び込んだ。「いつでも一軍上がれるように準備していた」というルーキーは、ベンチに戻ると先輩たちの祝福に笑顔を見せた。高校通算52本塁打の長距離砲で、チームは将来の主砲としてじっくりと育成する方針。この一発が2年目のブレークへ向けた足掛かりとなりそうだ。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング