週刊ベースボールONLINE

ありがとう、平成!年度別ベストナイン【1989-2018】

【2014-18年】二刀流、本格覚醒!/本誌選定年度別ベスト9

 

広島が2016年に25年ぶりの優勝。以後セ・リーグ3連覇を続ける。パ・リーグではソフトバンクが盤石の強さを見せたが、16年には日本ハム大谷翔平の二刀流で頂点に駆け上がった。

2014年(平成26年)


【本誌選定MVP】オリックス金子千尋 ミスター精密機械!

オリックス・金子千尋


 セはエース・菅野智之の活躍もあって巨人が独走Vを飾ったが、ここでは捕手の阿部のみの選手とし、2位の阪神から首位打者マートン、打点王ゴメス、さらに鳥谷を選んだ。パはソフトバンクとオリックスが激闘。優勝は逃したが、オリックスを支えた頭脳派エース、金子をMVPとし、首位打者の糸井は外野で選んだ。

先発投手 オリックス・金子千尋
抑え投手 阪神・呉昇桓
捕手 巨人・阿部慎之助
一塁手 阪神・ゴメス
二塁手 ヤクルト山田哲人
三塁手 楽天銀次
遊撃手・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング