週刊ベースボールONLINE

編集部“熱選”! 夏の甲子園

筋書きのない20のドラマ 夏の甲子園、わが心の平成名勝負 Part3

 

日本中を熱くさせる夏の甲子園。間もなく終わりを迎える平成の時代にも心に刻まれる名勝負が生まれてきた。その中から編集部が20試合をピックアップ。高校球児たちが紡いだ筋書きなきドラマを振り返ってみよう。

【平成12年】“強打の智弁”の真骨頂。4点差を2発で同点に


智弁和歌山高7x-6柳川高(第82回大会準々決勝)

強打の智弁和歌山高が武内の本塁打後、山野[写真]の3ランで同点に


 大会No.1右腕の柳川高・香月良太(元オリックスほか)は、3回戦までの3試合で36奪三振、自責点1と圧倒的な投球を見せ、対する智弁和歌山高は前日の3回戦で4本塁打11得点。“剛腕VS強打”に注目が集まった。

 序盤、試合を優位に進めたのは柳川高。2回表に3点を先制すると、1点差に詰め寄られた5回表には4連打で3点を挙げて6対2に。だが8回裏、強力・智弁和歌山高打線が牙をむく。2年生の武内晋一(元ヤクルト)がソロアーチをかけると、死球、安打の後、山野純平が左中間席へ3ランを放って同点とし、試合は延長へ。

 柳川高・香月はマウンドに立ち続けるも異変が生じ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング