週刊ベースボールONLINE

12球団交流戦通信簿

中日・投高打低で負け越し/12球団交流戦通信簿

 

今年の交流戦もソフトバンクが強かった。通算8度目の勝率1位。この号の締め切り6月23日現在、まだ全日程は終了していないが、ここで12球団の戦いを検証してみたい。

ビシエドは期間中2本塁打も、打率.349と貢献


 打線がつながらず、8勝10敗と負け越した。中日の交流戦開幕はソフトバンク戦(ヤフオクドーム)。交流戦の福岡は鬼門で、2005、06年以外で勝ち越したことはない。今年も3連敗を喫し、交流戦は1カードを終えて最下位でスタートした。

 特に得点力不足が顕著だった。3点差以内で敗れた試合が9試合。うち、1点差のゲームが6試合だ。交流戦で打率.349と好成績のビシエドらを擁しながら、打線はつながりに欠けた。

 交流戦での完封はゼロ。大野雄大は6月19日の西武戦(ナゴヤドーム)、9回一死まで2失点の粘投も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング