週刊ベースボールONLINE

どうなる?運命の「10.17」

12球団スカウティングレポート パ・リーグ編

 

昨年の外れ外れ1位ながらデビューから13試合連続無失点など甲斐野央が躍動したソフトバンクと、一本釣りの1位入団で7勝している松本航を擁する西武がデットヒートを展開したパ・リーグ。2020年も見据えた各球団のドラフト戦略、思惑と最新動向を追う(数字は9月15日現在)。

甲斐野央


ソフトバンク・スカウト総動員でチェック。佐々木か、奥川か


 ケガ人を多く出しながらも夏場以降、首位を走ってきたというチーム状況に加え、今年のドラフト候補の顔ぶれを考慮すると、既定路線どおり「総合的にその年最も評価が高い投手」が第一候補。中でも即戦力より将来性が重視されるだろう。「ポテンシャルが高く、スケールの大きな選手」と以前より熱視線を送る佐々木朗希(大船渡高)や、甲子園でプロでも通用する素質を見せた奥川恭伸(星稜高)らを中心とした高校日本代表選手はスカウト陣総動員でチェック。佐々木、奥川ともにさらに評価を上げた。いずれも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング