週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1990年ドラフト】元木大介は夢がかなって巨人。8球団競合の小池秀郎に悪夢/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

巨人1位・元木大介[上宮高卒]


 この年から新高輪プリンスホテルが会場となったドラフト。前年に引き続き、またしても注目選手の“明暗”が分かれた。まず“明”は前年、巨人を熱望しながら夢は叶わず、指名されたダイエーの入団を拒否していた元木大介(上宮高卒)だ。“浪人生活”を続けていた滞在先のハワイ。入札順位が10番目のオリックスの指名選手が呼ばれても、元木の名前はない。11番目は巨人。テレビから流れてくる伊東一雄パ・リーグ広報部長の「第1回選択選手、読売 元木大介」の声を聞いて、かすかな笑顔を作った。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング