週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1988年ドラフト】最大の目玉は断固プロ拒否。1位クラスを3人獲った中日/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

中日1位・今中慎二[大阪桐蔭高]


 最大の目玉はドラフト前にして“姿”を消した。アマチュア球界No.1左腕の志村亮(慶大)が「指名はしないでほしい。絶対にプロ入りはしない」と断固プロ拒否を貫いたのだ。各球団は“志村抜き”で戦略を練り直したが、「好き放題にやられてしまった……」とスカウトたちの怨嗟(えんさ)の声がドラフト会場に満ちた。

 その声の矛先は中日。これまでの慣例からすれば81年ドラフトの西武伊東勤の例などがあるように・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング