週刊ベースボールONLINE

ストーブリーグ最前線2019-2020

12球団補強戦略の現在地 広島、中日、ヤクルト編

 

ドラフト会議、日本シリーズが終わり、本格的な移籍市場がオープンとなった。ここでは球団別に補強戦略の現在地を探ってみる。
情報は10月19日時点 ターゲット候補、去就要注目の人選は編集部。順番は文中の登場順

動きは侍ジャパンから戻ってからになるが、菊池涼の動向が今オフ最大のカギ


広島・最大の焦点は菊池涼の動向


■去就要注目
野村祐輔
長野久義
菊池涼介
バティスタ

 10月17日のドラフト会議では、今年の即戦力No.1と言われる森下暢仁(明大)を見事に「一本釣り」。10月7日に就任した佐々岡真司新監督の船出は、まずは順調なものになった。「1年目から先発ローテーション入りも可能」と言われる森下が入団となれば、Bクラスからの巻き返し、そして優勝争いへの参入も、十分計算ができる戦力となるはずだ。

 ただし、その明るい戦力計算は、「足し算」のみで「引き算」がなければの話。今年3人が新たにFA権を取得した広島においては、FA選手の流出をいかに防げるかが、今オフの最大のポイントと言える。佐々岡新監督も、就任後すぐ、各選手に電話で「ラブコール」を送った。

 その結果、まずは會澤翼が残留を表明。選手会長であり、チームの精神的支柱でもある主戦捕手の残留には、佐々岡監督も胸をなで下ろしたはずだ。先発ローテーションの一角の野村祐輔と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング