週刊ベースボールONLINE

2020球界ZOOM UP

自分たちの野球を貫いて2連勝!パ王者・ソフトバンクが日本シリーズへ

 

今季終盤まで激しい優勝争いを演じたソフトバンクロッテが、クライマックスシリーズで再び激突。予想どおりの手に汗握る攻防となったが、1勝のアドバンテージを有するソフトバンクが勝負どころを見逃さず。貫録を見せての2連勝で、セ・リーグ王者・巨人の待つ日本シリーズにコマを進めた。
写真=湯浅芳昭、球団提供

福岡ソフトバンクホークス[リーグ1位] vs 千葉ロッテマリーンズ[リーグ2位]

2試合ともにロッテに先制を許しながら“全集中”で逆転勝ちを収めた


チャレンジャー精神と安定感ある戦いぶり


 王者の貫録を見せつける戦いぶりだった。レギュラーシーズン11勝12敗1分けと唯一負け越しを喫したロッテが相手だけに、ソフトバンクに慢心はなし。「われわれは挑戦者」と工藤公康監督。そして、選手たちには「“全集中”でお願いします」と、短期決戦に向けてあらためて気持ちを入れ直させた。

 迎えた第1戦、第2戦、ともに最初に試合の流れをつかんだのはロッテ。特に第1戦のソフトバンクは、初回にロッテ先発・美馬学の立ち上がりを攻め一死満塁としながらも得点を奪えず、直後にエース・千賀滉大が一発を打たれるという嫌な展開だった。

 ここで見せたのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング