週刊ベースボールONLINE

MLB通信2021

2年ぶり162試合の戦いが始まった!大谷翔平、有原航平、菊池雄星、筒香嘉智、澤村拓一

 

現地時間4月1日、MLBも開幕した。2年ぶりの162試合で日程が組まれ、観客も制限付きながら入った。その中で、日本人メジャーたちも、それぞれの2021年をスタートさせた。
写真=Getty Images ※成績は現地時間4月4日現在

エンゼルス・大谷翔平 本塁打に、最速を出すも……


豪快な本塁打に、投げては2安打7奪三振[写真]。悔しい降板も、今季が期待できる内容だった


 誰もが空振りの三振と思った瞬間、捕手が捕球ミス……まさかの同点とされ、降板になるとは……。リアル二刀流と騒がれて開幕を迎えた大谷翔平。現地時間4月4日のホワイトソックス戦に「二番・投手」としてマウンドに立った。

 今季初登板が、大谷自身メジャー初となる投打同時出場。MLB公式戦でのDH解除は2016年6月30日のジャイアンツ・バムガーナー(現ダイヤモンドバックス)以来1739日ぶりで、エンゼルスではDH制になってから球団初。さらに「二番・投手」は1903年9月7日のジャック・ダンリービー(カージナルス)以来118年ぶり史上3人目だった。

 初回から160キロの真っすぐで攻め無失点に抑えると、その裏・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング