週刊ベースボールONLINE

TOP PLAYER 解体新書

広島・森下暢仁 元捕手の目による投球分析(解説:達川光男) すべての球種の精度が上がり、昨年の経験によってメリハリも

 

続いては、元捕手の視点で今季の森下暢仁の投球を分析してもらった。登場するのは広島OBの名捕手・達川光男氏だ。今季の好調には、技術の進歩ももちろんだが、昨年得た経験と自信からくる気持ちの違いも大きいようだ。
写真=宮原和也


敗戦も糧にすればいい


 昨年はルーキーで、右も左も分からない中、とにかく目の前の試合を必死に戦った感じだったと思いますが、昨年1年間投げて、ペースがつかめたというのが、今季の森下の好調の最大の要因だと思います。

 精神的には、巨人の戸郷(戸郷翔征)との争いに勝って新人王を獲れたことが自信になったでしょうし、チームにも溶け込んで、立ち位置も確立し、気持ちも安定しているはず。体力的にも、昨年、大事に使って規定投球回ギリギリぐらいで抑えてもらって、投げ過ぎなかった。そのあたりは、即戦力で入っていきなりフル回転した経験のある佐々岡真司監督の下でできたのは良かったと言えますね。

 技術的にも、プロの体になってきて、1球1球に力強さが増してきました。ストレートも、逆球がなくなってきましたし、変化球も、カーブ、カットボール、チェンジアップと、すべて精度がワンランクアップしています。マエケン(ツインズ・前田健太)に教わったというスライダーも使っていますね。

 昨年は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング