週刊ベースボールONLINE

CLOSE UP 去り行く職人

惜別のユニフォーム ヤクルト・雄平&ソフトバンク・高谷裕亮

 

戦闘服に別れを告げる。ユニフォームを脱ぐ決断を下し引退試合を行ったほかペナントレース全日程終了後に、引退を表明した選手もいる。長く現役生活を過ごしたのは、“職人”とも評される確かな技術があったから。そんな彼らの思いとは──。

写真=高原由佳


ヤクルト・雄平 愛された男、最高の舞台


 全力の“送別会”だった。11月1日の広島戦(神宮)の5回裏終了後、雄平の引退セレモニーが行われた。思い出VTRの放映に、花束の贈呈。だが、これだけでは終わらない。

 7回、代打・雄平がコールされると、場内はたちまち熱気を帯びる。4球目、外角のストレートに体勢を崩されながらも左前に運び、現役最後の安打を放った。その後は守備にも就き、慣れ親しんだ神宮の右翼で最後までグラウンドに立った。

 試合後・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング