週刊ベースボールONLINE

データで考えるプロ野球

牧秀悟[DeNA]が史上12人目のルーキー3割 ルーキーでは初のサイクル安打、5打席連続二塁打の記録も

 

今季は、特にセ・リーグにおいて、ルーキーの活躍が目立ったが、中でもシーズン後半に目覚ましい働きを見せたのが、牧秀悟(DeNA)だ。ルーキーの3割打者誕生は、23年ぶりのこと。ほかにもルーキーでは史上初のサイクル安打や5打席連続二塁打、2リーグ制後最多の35二塁打など、数々の記録を残したシーズンを振り返る。
データ・文=永山智浩

10月8日の中日戦[横浜]では4安打。シーズン終盤は、四番に座ってヒットを量産した


98年の坪井、高橋由以来、23年ぶりのルーキー3割打者


 ペナントレースが終了したが、今季はルーキーの活躍が目立った年だった。特にセ・リーグの野手が多く、昨年ドラフトされた野手15人のうち9人が一軍に出場。そのうち阪神中野拓夢佐藤輝明、DeNAの牧秀悟の3人が規定打席に到達した。同一リーグでルーキーが3人規定打席に達したのは、1969年の阪神の田淵幸一、中日の島谷金二広島山本浩司以来、実に52年ぶりのことだ。

丸数字は打率順位、本=本塁打


 その中でも牧は打率リーグ3位の.314をマークしたが、新人3割打者は史上12人目の記録となった。前回の新人3割打者は98年の阪神・坪井智哉(.327)と巨人高橋由伸(.300)の2人。22年間も生まれなかった記録だけに貴重だ。

 開幕を一軍で迎えた牧は、3月26日、巨人戦(東京ドーム)で三番・一塁でさっそくスタメン出場。この日は4打数ノーヒット、四球1に終わったが、2試合目の4打席目に二塁内野安打を放ち、プロ初ヒットを記録。すると翌日は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング