週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「『臍下の一点に心を静める』一本足打法を生んだ心身統一合氣道とは」

 

「正しい姿勢」で立つこと


王の一本足打法


 心身統一合氣道の創始者である藤平光一先生は私に多大な影響を与えてくれた。

 藤平先生は野球の専門家ではないが、いろいろなことを教わった。「ゲッツーのときに走者が邪魔なんです」と相談したら、返ってきた言葉は「お前は雨の日に車に乗ったとき、ワイパーを見て運転するのか」だった。ワイパーは関係ない。それと同じで走者も関係ない。そう言われて私は得心した。

 心身統一合氣道の大原則は臍下(せいか)の一点に心を静めることである。臍下の一点とはヘソの下、それも骨盤近くの下腹を差す。この一点はどんなに力を入れようとしても力が入らない。人間は感情的になると、どうしても意識が上に向かう。言葉でいえば「頭に来る」「(緊張して)上がる」。その意識を臍下の一点に静めなさいということだ。

 内野ゴロを捕球するときも臍下の一点から左右に動くことが大切だ。両サイドに体を引っ張られるように捕っていてはいけない。臍下の一点と言って難しければ足を使って正面で捕れということなのだ。

 ある球団のキャンプを見ていたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング