週刊ベースボールONLINE

2022の焦点

開幕投手最新事情 2022のスタートを託す男は誰か!【セ・リーグ編】

 

いよいよ近づく2022シーズン。今回は開幕投手に関する最新事情から、3月25日のマウンドを託す可能性が高い12人を紹介する。
※情報は3月6日現在。年齢は開幕時点、年齢横は開幕投手としての成績
※3月10日、DeNA東克樹が開幕投手を務めることを発表
【パ・リーグ編】はこちら

ヤクルト・奥川恭伸[20歳・初]


濃厚

奥川恭伸/2021年成績◎18試合9勝4敗0S0H、防御率3.26[写真=大泉謙也]


初の大役へ、照準を合わせる

 連覇へ向けた大事な開幕戦。その先発マウンドに立つべく、3年目の右腕が着々と状態を上げている。2月20日のロッテ戦(浦添)では2回途中6失点降板も、27日の阪神戦(同)は3回1失点。「まだまだと思う部分がすごく多い。もう少し頑張らないと」と表情は晴れなかったが、初登板で上がった課題をすぐさま修正する能力はさすがの一言。3月に入り、小川泰弘石川雅規高橋奎二らとの開幕投手争いは激しさを増しているが、昨季終盤の活躍や、対戦カードの阪神との相性を考えると最有力。高津臣吾監督も、今シーズンを占う大一番を若き右腕に任せる覚悟はできているはずだ。3月6日の中日戦(バンテリン)では4回1失点の投球。初の開幕投手へ、準備が整いつつある。

阪神・青柳晃洋[28歳・初]


濃厚
プロ入り以来開幕投手を目標に

 昨季のリーグ最多勝投手で勝率第1位のサイド右腕が最有力だ。矢野燿大監督は、青柳晃洋西勇輝秋山拓巳伊藤将司の4人でその座を最後まで争わせている状況だが、昨季の実績から言えばこの男が最有力だ。「オフからそこ(開幕投手)を目標にずっと調整をしてきた」とキャンプでも3月25日に照準を合わせてきた。さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング