週刊ベースボールONLINE

キャプテンの決意 CAPTAIN INTERVIEW

巨人・坂本勇人インタビュー 「勝ち」への執念 「ショートを守るために、いろいろなことを頑張ることができる」

 

キャプテンとして、もっとやれることがあったのではないか。歴史的な大失速でリーグ3連覇を逃した昨季の悔しさをもう一度、思い出しながら挑む新たなシーズン。ショートというポジションで、誰もが驚く打棒を見せるという決意を胸に、反攻の先頭に立っていく。
取材・構成=杉浦多夢 写真=山口高明、大泉謙也

「ショート」というポジションを守ることがすべての大前提。そのための逆算でフィジカルを見つめ直してきた


「ショート」からの逆算


 昨季は右手指骨折による離脱もあり、個人としても、何よりキャプテンとしてチームを頂点に導くことができなかった悔しさがある。思いを胸に秘め、ショートというポジションを守りながら再び輝くために。徹底的にフィジカルを見つめ直し、新たなシーズンへと突入する。

──昨年はチームとして悔しいシーズンだったと思います。キャプテンとして昨年のチームをどう見ていましたか。

坂本 前半戦はいい流れでやれていたんですけどね。やはり後半戦、チーム状況が良くなくなってからズルズルといってしまいました。若い選手がすごく多くなってきているチームなので、僕を中心に主力の選手たちがもうちょっと引っ張っていくことができなかったかなと。キャプテンとしてチームをもっといい方向にもっていけたのではないかということをすごく感じたシーズンでした。

──個人としてもケガでの離脱があるなど、納得できる成績ではなかったのではないかと思います。

坂本 骨折があって1カ月ちょっとチームを離れてしまった時期がありましたからね。状態がすごく上がってきたな、と感じることができるようになったタイミングでの骨折でしたから。復帰してからは後半戦になかなか調子が上がらず、ずっと試行錯誤しながら。思うようにはいかなかったですね。

──昨年に試行錯誤した部分を含め、新シーズンに向けてはどんな点に重点を置いてきたのでしょうか。

坂本 やはりフィジカルですね。体幹トレーニングだったり、柔軟性を出すトレーニングやエクササイズだったり。バランスよくということは意識してやってきました。調子が上がらなかったのも、技術というよりは体から来ているのかなと感じていたので。

──年齢を口にすることも増えてきましたが、やはり「ショートだから」ということもあるのでしょうか。

坂本 そこがでかいですね。ショートが守れなくなるのはイヤだと思ってやっていますし、ショートをやる以上は体重コントロールの意識だったり、いいバランスというものを常に維持しておかなければならないと思っているので。そこは難しい部分ですね。

──ベテランの域に入ってきたからといって、ショートというポジションを譲る、ほかのポジションに移るつもりはもちろんないということですね。

坂本 うん、やっぱりそこのポジションを守れる状態をつくっていきたいですね。一番しっかりと距離を投げなければいけないし、足も動かさなければいけない、一番動くポジションだと思っていますから。そこをしっかり守るということを前提にしないと、いろいろな部分で落ちていってしまうような気がするんですよね。ショートを守るために、いろいろなトレーニングだったりということを頑張ることができるという感じはあります。

──キャリアを重ねてきた中で、そうした危機感や不安が生じてきた部分もあるのでしょうか。

坂本 不安だったり危機感だったりというのは常にありますね。それは若いときから変わらないです。毎年・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング