週刊ベースボールONLINE

開幕3連戦 REPORT

【新監督の船出】日本ハム・BIGBOSSの「遊び心」 敵地・開幕3連敗も悲壮感なし 登録全選手を出場させ、本拠地開幕へ!

 

今季から3球団で新しい指揮官が誕生した。彼らの采配はどのようなものなのか。目指す野球ができたのか? 新しく見えた課題は? 注目を集めたルーキー監督の開幕3連戦を振り返る。
写真=湯浅芳昭

1戦目に先制ソロを放った石井を笑顔で迎えるBIGBOSS


 BIGBOSSが初陣を宣言どおりに“楽しく遊んだ”。開幕戦は逆転負けでも、指揮官は試合後の第一声で「いやぁ〜惜しかったね」と笑顔。3試合とも敗れはしたが、勝利の可能性も見せた3試合。ハラハラドキドキの試合展開で、野球が楽しいものであるとファンに見せられたことが、何よりの収穫だった。

 ドラフト8位ルーキーの北山亘基を開幕投手に指名した開幕戦は、3回から加藤貴之根本悠楓伊藤大海と先発陣を投入。4回に石井一成のソロ本塁打で先制し、7回には開幕2戦目の予告先発がされていた堀瑞輝を投入。1点リードを守って8回を迎えたが、杉浦稔大西村天裕ソフトバンク打線につかまって逆転負け。あと1歩で初勝利を逃した。

抑え候補のドラフト8位、北山がサプライズで開幕投手に指名


 開幕2戦目はガラリとスタメンを入れ替え、一番で起用したアルカンタラが2本塁打。投手は、この日も細かな継投だったが、三番手の河野竜生が炎上。それでも9回に清宮幸太郎が2年ぶりの一発を放って空気が変わった。最後は本塁打が出れば逆転となる二死満塁までソフトバンクを追い詰めた。

 開幕3戦目は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング