週刊ベースボールONLINE

道具の流儀

オリックス・安達了一 “振りやすさ重視”の2本のバット

 

今季から木材の違う2本のバットを併用するも、こだわりは「振り抜きやすさ」だ。プロ入りから同じ形状のバットを愛用し、打席に立ち続けている。
取材・文=鶴田成秀、写真=太田裕史、BBM


振り抜きやすさ重視で木材の違う2本を愛用


木材はプロ入りから変わらず使用している『メイプル』[下]を使用。さらに今季は『青ダモ』[上]も併用し始めた


 右へ、左へ、巧みに打ち分ける。巧みなバットコントロールを誇る安達了一の存在は、チームに欠かせない。7月9日の西武戦[西武プリンス]から同12日の日本ハム戦[京セラドーム]まで4試合連続でマルチ安打をマーク。三番・糸井嘉男、四番・T-岡田の前を打つ二番打者として、ときにチャンスメーク、ときに決定打と、チームを勝利に導く一打を放っている。

 だが、『バット』へのこだわりはないという。プロ入り前の上武大、東芝時代の6年間も木製バットを使用してきたが「大学、社会人のときって自分専用のバットをつくってくれるわけではなかったですから。だから、大事にしているのは(バットを)握ったときの感覚なんです。そして、振りやすいかどうか、なんですよ」と、大事にしているのは自らの“感覚”だ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

道具の流儀

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング