週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2018

広島・アドゥワ誠の投手用グラブ フィット感と捕りやすさが魅力の「誠」グラブ

 

もしも、スポーツ店で見つけた、自分の手にピッタリくるグラブのブランド名が、自分の名前と同じだったとしたら――。これはもう、そのグラブを愛用する以外にはないだろう。今季、好調な投球を続けるアドゥワ誠の愛用するグラブは、その名も「誠」。アドゥワと同様に、知名度が少しずつ広がっている。
取材・文=藤本泰祐、写真=前島進


 それは、まさに運命的な出会いだった。

 熊本・出水中時代。地元のスポーツショップを訪れたアドゥワ誠。たまたま手に取ったグラブが、ピタッと手になじんだ。そのグラブのブランド名は「誠」。アドゥワと同じ名前を持っていた。

「誠」は、大阪・堺市に本社を置くイクノ工房のブランド。全国的に有名とは言えないメーカーだが、代表の生野秀次氏は、かつて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

道具の流儀

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング